便利なグッズ

20代男性・坂道アイドルオタクのオススメ本【Vol.1】

どうも、坂道ブロガーのねここしゃん (@nekokosyan0918)です。

この記事ではいつもと趣向を変えて、
バリバリの坂道アイドルオタクである僕のオススメの本をいくつか紹介してみたいと思います。

僕は坂道アイドルオタクでありながら、趣味でブログも書いている人間です。
他人の文章に触れるのは執筆のための勉強になるので、なるべく本を読むようにしています。

ジャンルはいわゆる「文章のノウハウ本」から坂道アイドルに関連する本まで様々。

今回はとりあえず第1弾として、僕のオススメ本を5冊紹介していきます。

 

ねここしゃん
ねここしゃん
興味持ってくれたらぜひチェックしてみてね。
乃木坂・欅坂・日向坂ファンにオススメの雑誌4選!各誌の特徴を解説今やアイドル界を席巻している「坂道グループ」 書店に行くと、乃木坂46・欅坂46・日向坂46のメンバーが表紙になった雑誌がずらりと...

坂道アイドルオタクのオススメ本5選

『読みたいことを、書けばいい。』田中泰延

『読みたいことを、書けばいい。』は、かつてコピーライターとして活躍し現在はフリーランスで文章を執筆している田中泰延氏が「文章を書くこと」について考察した本です。

この本はいわゆる「文章術」を紹介するノウハウ本ではなく、「自分が読みたい文章を書け」とより物書きの本質的な部分について書かれています。

僕はブログで日常的に文章を書くので、どんな内容・構成で記事を書けば読まれるかということをいつも考えています。その結果、「文章術のロジック」を詰め込んだだけのつまらない内容の記事になったりすることも多いのですが、そんな時にこの本を読むと「文章を書く意味」の原点に戻れる気がするのです。

小手先のテクニックではなく、「なぜ文章を書くのか?」という本質について考えさせられます。実際に僕の文章も、この本を読む前と後ではだいぶ変わったと思います。

記事を書くのに行き詰まったり、文章術のテクニック論に疲れた時に繰り返し読んでいますね。

ちなみに普段文章を書かかないという人でも、単純に読み物としても面白いのでオススメですよ。文字数もそこまで多くなく、字もデッカいので。

created by Rinker
¥1,336
(2020/09/18 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

『手ぶらで生きる。』ミニマリストしぶ

『手ぶらで生きる。』は「ミニマリスト」である著者・しぶ氏が、物を持たずに豊かな人生を送る方法について書いた本です。

著者のしぶ氏は、家賃2万円の家具家電の無い4畳半の部屋で生活をするミニマリスト。「ミニマリスト しぶ」で画像検索すれば著者の部屋が出てきますが、マジで何もありません。

この本を読む前は「いや、こんな生活ありえんやろ〜」と思ったのですが、読み進めていくにつれて、いかにミニマリストの生活が理にかなっているかを知れますし、物を持たない生活を魅力的に感じるようになりました(さすがにしぶ氏のようにストイックにはできませんが)

著者ほどストイックにミニマムな生活をするのは大変ですが、この本は「お金」「物」「時間」に対する考え方を見直すいいきっかけになると思います。オススメですよ。

『ゼロは最強』TAKAHIRO

『ゼロは最強』は世界的ダンサーで現在は欅坂46などの有名アーティストの振り付け師を担当するTAKAHIRO氏の自伝的著書です。

TAKAHIRO氏の輝かしい経歴を見ると、幼い頃から才能を開花させて順風満帆にキャリアを送ってきたかのように思えますが、実は彼がNYのアポロシアターで優勝するまでは本当に「ふつうの人」だったことに驚かされます。だからこそ彼の思考のプロセスは、とくに何かに挑戦しようとする人には響くと思います。

彼の個性的なダンスの原点や、欅坂46との話も書かれているので欅ファンにもオススメの本です。文字数もさほど多くなくてとても読みやすい本ですよ。

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/18 22:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』若林正恭

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』は、オードリー若林正恭がキューバに旅行した際のことを書いた旅エッセイ。

ですが、この本はただの旅エッセイではありません。

随所に若林らしい思考が散りばめられてます。
彼は著書『ナナメの夕暮れ』が賞を受賞したり、本文が大学入試の問題になったりするほど、自分の思考を言語化する能力に長けています。
この本では、人見知りならではの思考、知らない土地に足を踏み入れた時の高揚感などが、若林節の効いた文章で書かれていて全編楽しんで読めます。

ほぼ全編がキューバでの出来事の話ですが、最終章で「なぜ若林がキューバに行ったのか」が分かったときは不覚にも泣いてしまいました。ちなみに何回読んでも泣けます。

僕はこの本を旅行に行くときは必ず持参して、飛行機や新幹線の中で読むようにしています。オードリーファン、日向坂46ファンにもオススメですよ。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,375
(2020/09/19 21:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

若林正恭『ナナメの夕暮れ』の感想。精神安定剤のような名著この記事は、 オードリー・若林正恭のエッセイ集『ナナメの夕暮れ』の感想記事です。 といっ...

『日向坂46ストーリー』集英社

『日向坂46ストーリー』は、集英社『週間プレイボーイ』に掲載されていた連載を単行本化したもの。「ひらがなけやき」が「日向坂46」に改名してデビューするまでの歴史が、当時のスタッフやメンバーの心境とともにまとめられています。

この本は日向坂46ファンのバイブル的書籍ですね。

ただのムック本のように見えますが、これは完全なる書籍ですよ。むちゃくちゃ読み応えあります。

坂道アイドルのキラキラした部分だけではなく、不遇と呼ばれた時代や割とドロドロとした部分まで書いてくれています。
特に、最近日向坂46を好きになった人やひらがなけやき時代を知らない人にオススメですよ。日向坂46の歴史が全て分かります。多分、おひさまは全員泣きます。

created by Rinker
集英社
¥1,500
(2020/09/19 10:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

単行本・日向坂46ストーリーとは?収録内容をまとめてみたあの「日向坂46ストーリー」が本になりました。書籍化です。 全おひさまにとっての待望。 今後この本が我々の聖書(バイブル)になること...

 

おわりに

以上、坂道アイドルオタクのオススメ本を5冊紹介しました。

僕が今まで読んできた本の中でも特に心動かされたものを中心に紹介してみました。
もし気になる本があったらぜひぜひチェックしてみてくださいませ。どの本も全力でオススメしますよ。

 

 

関連商品
created by Rinker
¥1,336
(2020/09/18 22:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,540
(2020/09/18 22:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,375
(2020/09/19 21:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
集英社
¥1,500
(2020/09/19 10:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

Twitterでは坂道グループの魅力や当ブログの更新情報を呟いています。 気軽にフォローしてね! >>フォローはこちらから

 

ABOUT ME
ねここしゃん@坂道ブロガー
ねここしゃん@坂道ブロガー
坂道ブロガーのねここしゃんです! 当ブログでは坂道グループの魅力・聖地・メンバー愛用品・アイドルオタクにオススメのサービスや商品などを紹介しています。 Twitterでは坂道ブロガーの日常を投稿しています。 Instagramではメンバーの愛用品や聖地の写真などを投稿しています。 どちらも気軽にフォローしてね!
こんな記事も読まれています