メンバーを知ろう

「いつもありがとう欅坂46」とあるハッシュタグが生み出した欅の奇跡

2019年11月17日、
Twitterであるハッシュタグがトレンド1位を獲得しました。

それが、
#いつもありがとう欅坂46

トレンド1位を獲得するほど拡散されたこのハッシュタグは、
欅坂46とファンをつなぐまさに「欅の奇跡」を生み出しました。

 

この記事は・・・

#いつもありがとう欅坂46」はどういう経緯で生まれたのか?

・欅坂46や欅ファンにどんな影響を与えたのか?

 

について書かれています!
それでは行ってみよう!

「#いつもありがとう欅坂46」が生まれた経緯

そもそも、
#いつありがとう欅坂46」はどのような経緯で生まれたのでしょうか。

きっかけは、
欅坂46鈴本美愉に関する週刊文春デジタルの報道でした。

11月16日の記事で、
「一部メンバーが現在海外留学中であり、帰国後卒業する予定だ」
という報道がありました。
この記事内で、
メンバーの家族まで取材を行なっていると思しき内容が掲載されたことに、
「プライバシーの侵害」「やりすぎ」「家族にアポなし取材は怖すぎる」など非難の声が集まりました。

この、
メンバーのプライバシーを無視した報道に立ち上がったのがとある欅ファンでした。

 

 

けやきの木(@keyakinoki_mori)さんのこのツイートがきっかけで、

#いつもありがとう欅坂46」は生まれました。

このツイートはみるみる拡散され、
投稿からわずか3時間でTwitterのトレンド1位を獲得しました。

アイドルに関する報道って、
どうしてもネガティブなものもあります。
僕自身も週刊文春の報道の在り方というのには疑問を感じますし腹が立ちます。

ですが、
僕らファンがやるべきことってそのことを叩くよりも、
どうやったら欅坂のメンバーが傷つかないでいられるか、ではないのか。
けやきの木(@keyakinoki_mori)さんのツイートは、
そんな大切なことを僕らファンに教えてくれました。

 

ねここしゃん
ねここしゃん
まさに『愛の避雷針』です・・・

 

愛で溢れるツイート・・・欅の関係者にまで届く

みるみる拡散されたこのハッシュタグは、
欅ファンだけではなく、
ついに欅坂46の関係者にまで届きはじめました。

 

欅坂46(@keyakizaka46
欅坂46公式アカウント

 

TAKAHIRO/上野隆博(@TAKAHIRO_UENO_)
欅坂46振付師

 

庄司宇芽香(@UMEMOMOKA
『欅って書けない?』ナレーター

 

GO!皆川(ゴーミナ)(@go_minagawa
番組で共演 お笑い芸人

 

サンシャイン池崎(@ikezaki_YEAH
番組で共演 お笑い芸人

 

アンゴラ村長(@pupumumumu
欅ファン お笑い芸人

 

欅のキセキ(@keyakise
欅坂46公式ゲームアプリ

 

UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)(@kh_unisonair
欅坂46公式音楽ゲームアプリ

 

欅坂46渡邉理佐1st写真集「無口」公式Twitter(@watanaberisa1st

 

日刊スポーツの坂道シリーズ連載「坂道の火曜日」(@sakamichinikkan

 

ワニブックス刊行の雑誌「アップトゥボーイ」(@wani_UTB

 

いつもありがとう欅坂46・・・ついにメンバーまで

有名人や関係者に拡散されたことで、
#いつもありがとう欅坂46」はついに欅メンバーにまで届きます。

菅井友香/欅坂46キャプテン

 

守屋茜/欅坂46副キャプテン

 

 

斎藤冬優花/一期生

 

佐藤詩織/一期生

 

長沢菜々香/一期生

 

 

田村保乃/二期生

 

11月17日は「いつもありがとう欅坂46記念日」だ!

11月17日は、
欅坂46と欅ファンにとって特別な日になりました。

とある女性のツイートが日本中に拡散され、
欅坂46とファンを繋ぎました。
11月17日は「いつもありがとう欅坂46記念日」ですね。

結成から4年。
欅坂46とファンがこんなにも明確に繋がった出来事は初めてで、
メンバーやファンにとって忘れられない1日になりました。

 

ねここしゃん
ねここしゃん
世界には愛しかないんだ・・・・!

 

ABOUT ME
ねここしゃん@坂道ブロガー
ねここしゃん@坂道ブロガー
坂道ブロガーのねここしゃんです! 当ブログでは坂道グループの魅力・聖地・メンバー愛用品・アイドルオタクにオススメのサービスや商品などを紹介しています。 Twitterでは坂道ブロガーの日常を投稿しています。 Instagramではメンバーの愛用品や聖地の写真などを投稿しています。 どちらも気軽にフォローしてね!
こんな記事も読まれています